top of page
  • こころのケアラボ仙台

HSPと呼ばれる症状

学術的にはHSPとは

「環境感受性が非常に高い人たち」

のことを表すカテゴリです。


環境感受性が高い

HSPは「良くも悪くも環境から影響を受けやすい人」

として説明されます。


「良くも悪くも影響を受けやすい」ことは、

発達心理学において

差次感受性(Differential Susceptibility)

という枠組みで説明されることがあります。


この症状が

慣れ親しんだものなのか

大人になってからなのかによって

アプローチは変わってきます。


環境感受性が高い


人間の脳と神経系は

環境に適応するように本来

出来ていますが


HSPかもしれないと

ご相談のクライエントは

その適応が過剰な場合が

多いです。


防衛反応と

防衛適応能力

と言います。


大人になってからの場合

その脳と神経系の

過剰適応の骨子を

説明しながら

IFSをしながら緩めていきます。


慣れ親しんだ場合は

愛着の問題もありますので

愛着アプローチを絡めつつ

I FSで緩めていきます。


回復する症状ですので

ご安心ください。


閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page