IMG_0283.jpeg
 

日常あなたが抱えている

生きづらさ、苦しさは

実はあなたが悪いのではないと私たちは考えます。

あなたが今抱えている悩みは

家庭内でそうするしかなかった

子ども時代には過剰な役割だったり

​不適切な養育が実はあったり

虐待などで

過去に安全でなかったということを

体が覚えていて今も危険に備えているのです。

当ラボのカウンセリングは、

頭ではわかってるけどやってしまう

思ってしまうクセに対して

ポリヴェーガル理論を元に

神経系より体から脳へ今は安全だと

アプローチ(ボトムアップ)しながら

治療的傾聴カウンセリングや

内的家族システム療法等で

脳らか体へアプローチ(トップダウン)し

サバイバル状態で疲れた今の状態を整えつつ、
愛情と危険の矛盾した環境の中生き抜くために

過去の防衛反応、適応を今ここでは反応、適応せず

現在をしっかりと思う存分生きる

助けをしていくプログラムです。
セッションを続けることで、

トラウマ的愛着と防衛パーツの関係性の

悪循環を解消し、
内的愛着関係を築いて『今ここ』に安心安全を感じることができます。

○なぜトレーニングではなく治療的傾聴的カウンセリングなのか

傾聴では「共感」がすべての

対話の根底にありますが、共感された

体験が起こるときにはヒトの脳の中では
「戦う、逃げる、固まる」

といったサバイバルモードから
より心を開いた状態になるための

神経系やホルモン変化が起こります。
特に子供のころに受けた影響は、

深く脳に刻みこまれあるトリガーによって
呼び起こされ、それによって支配されてしまう。
そういった

「未解決のトラウマ」

となっている部分に
ゆっくりと光をあてて、

共感と共に、凍結している記憶に
正しい記憶の回路を作ってあげることができるんです。

※当ラボのカウンセラーは

現在も継続的に治療的傾聴トレーニングを受けております。