top of page
  • こころのケアラボ仙台

トラウマ的アタッチメント(愛着)パターン

トラウマ的愛着の徴候を認識することは

大人になってからの人間関係に役に立ちます。


・話を聞いてもらえないことが苦痛


・理解されないと辛い


・愛されていないのではないかと心配


・見捨てられることへの恐怖


・自分はダメなんじゃないかと心配する


・仲良くなると逃げ出したくなる


・相手に心を許さない


・愛されないと感じる


・相手の沈黙に耐えられない


.....etc


我慢しすぎなのか?

それとも我慢しなすぎなのか?

距離と親密さに対する私の反応で

パートナーを混乱させてないだろうか?

この関係から離れる必要があるのか?

それともただトリガーされただけなのか?


これらのパターンは

あなたが幼い頃に生き残るために

身につけた防衛適応能力


これらは

その当時は必要だった、最良の方法だった

そうするしかなかった方法だったかもしれない。


しかし

この愛着パターンは脳と神経系の誤認識だから

変えることができる。


だって今は本当は反応しなくてもいい

安全だと思っている部分もあるのだから


閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post
bottom of page