• こころのケアラボ仙台

子どもの土台となるもの

それは

母親(養育者、多くの場合は母親となるのでここでは母親とします)

との愛着関係です。


子育てで重要なことは

子を甘やかすこと

人が甘えを学ぶのは親から以外ないからです。


甘やかすとは


・言いなりになる

・過干渉する

・好き勝手にやらせる


ことではなく

子の気持ちを読み取ってしてほしいことを

やってあげる。


甘やかして子どもが笑顔になったら成功です。


甘やかしは生後すぐから始まります。


・おっぱいをあげる

・おむつを変える

・抱っこする


話せない赤ちゃんと母親の間で

感覚を共有して欲求を満たされることにとり

愛着関係の構築を始めます。


その後2歳~3歳

イヤイヤ期が始まるまでに

子の要求は増えてきます。


人間は、身体的成長より精神的成長の方が

発達が早い生き物です。


自分ではできるように感じても

身体的に無理なことや

言葉がまだわからないので

不快感や不満が何なのか

うまく表現できません。


例えば

朝、保育園に行く前に寂しい感情が現れたとします

子はその感情が何なのかわからず

泣いたり、物を母親に投げたりして

気づかせようとします。


そこで、母親は

「寂しいんだね」って抱きしめてあげると

子は自分が感じていた不快感は

寂しさだと

母親が理解してくれて、感情を社会化され、安心します。

子は受け止めてもらったことで

不快、不満は解消していいんだと知ります。


このやりとりを毎日色々な場面で繰り返されることにより

子は安心し、母親との関係が

今後の人生においての愛着関係の土台

「安全基地」になるのです。

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示